284月

アットホームな雰囲気を演出したい!結婚式で取り入れられる工夫

ペーパーアイテムの工夫

結婚式は招待状から席次まで様々なペーパーアイテムを使いますよね。式全体をアットホームな雰囲気にしたい時は、夫婦でペーパーアイテムを手作りしてみましょう。手作りであれば参列者ごとに異なる招待状を送れますし、式場の座席にメッセージを添えることもできるのです。結婚式は夫婦がお世話になった人たちに感謝を伝えるための場所ですから、御礼のメッセージを書いて設置するメリットは大きいでしょう。

少人数結婚式でできること

結婚式に多くの参列者を招待した場合、多様な人たちに配慮して演出からパフォーマンスまで硬派にする必要がありますよね。フラットなパフォーマンスを取り入れた結婚式がしたい時は少人数結婚式を選択すると良いでしょう。少人数であれば友達や家族のように打ち解けた人たちだけを招待することになりますから、砕けた式にしても楽しんでもらえます。
またこうした結婚式であれば一人ひとりが好む食べ物から演出まで理解できるため、満足度の高い結婚式を形作りやすいのです。

結婚式場によって変わる要素

ホテルは高度経済成長期以降、国内で結婚式場としてよく選ばれる場所です。ホテルは日常的に足を運ぶ場所ではありませんから、格式高い結婚式をしたい夫婦に向いている式場でしょう。できるだけアットホームな結婚式を行いたい場合、レストランが最も相応しい結婚式場です。レストランは多くの人たちにとって日常的に通いなれた場所ですし、パーティー感覚の式を開催できますよね。
挙式ではなく披露宴だけで式を済ませたい夫婦であれば、チャペルのないレストランも選べます。披露宴に長く時間を割けるため、参列者を喜ばせるためのプログラムを計画しやすいのです。

観光で有名な鶴岡八幡宮で結婚式ができます。神前結婚式で、境内中央の「舞殿」が幸せなお二人の晴れの舞台です。参列するご家族やご親戚、ご友人だけでなく、観光客の皆さんにも祝福され、一生の思い出になります。