必ず試食するようにしましょう

結婚式を挙げる時には、ゲストに料理が振る舞われるのが一般的です。ただしどのような料理を選べば良いのかわからない、あるいは種類が多過ぎて迷ってしまうといったことは少なくありません。そこでいくつかあるコツを紹介します。まず試食してから、どれにするのかを決めるようにしましょう。中には写真やサンプルを見ただけで選ぶ人がいます。もちろん駄目ではありませんが、見た目が華やかだから、美味しそうだからといって、必ずしも味が良いわけではないのです。基本的に結婚式に招待するゲストは親しい人たちですから、味の好みはある程度把握できていることでしょう。そのため両親や友人たちが、喜びそうな味付けの料理を出してくれる結婚式場を探すと良いです。

他にも知っておくと便利なこと

もしもゲストの年齢層が高いなら、和食を出してくれる結婚式場にしておくと良いです。洋食に比べると、比較的油を使用した料理が少ないため、年配の人でも食べやすいです。反対に若者が多い場合、中華料理にするという方法があります。食べ応えがある料理が多いため満足してもらえやすいです。加えて中華料理は、フランス料理や和食に比べ、使われる食材を安価にできるので予算を安く抑えられると言われています。また年齢層がバラバラなら、和洋中の中から選んでもらえるようにするのも良いでしょう。それからできるだけアレルギーの有無に関して、聞き取りをしておくことをおすすめします。アレルギーのある食材を間違って口にすると大変ですし、一人だけ食べられないなどといった事態を避けられます。

京都の結婚式場にはホテルや、有名な神社仏閣などもあります。衣装や食事もセットになったプランが多数用意されています。