格式が高く親族からの評価が高い

やはり格式の高さで言えば、神前式に勝るものは無いと言えます。特に、日本人であればなおさらで、やはりチャペルでの挙式に比べて厳かな雰囲気があるとされるのが、神前式の特徴です。そのためなのか、神前式は親族からの評価も高いです。特に、新婦は白無垢に身を包み、唇には赤い紅を引き、日本人ならではの奥ゆかしさを感じることができます。よって、今でも家の格式を重んじる旧家などでは、神前式を好む傾向が強いといいます。

やはり和装での挙式は人気がある

やはり儀式として結婚式を行うのであれば、断然和装のほうが人気が高いです。ドレスでの結婚式のほうが費用が安いということもあり、予算の関係からチャペルでの挙式を選んだという人が多いものの、もっと予算をかけることができれば、神前式を挙げたかったという新郎新婦も少なくありません。和装も時代に合わせてデザインに流行があります。白無垢は定番ですが、打ち掛けはより派手なものを選びたいという新婦の要望に合わせて、様々なデザインが用意されています。

増えている外国人の神社婚

近頃増えているのが、日本通の外国人による神社婚です。東京の有名な神社では、国籍を問わず神前式の受付を行っていて、外国人カップルに人気です。とりわけ、日本の伝統衣装である和装に身を包んで結婚の儀を執り行うことができることから、インバウンド需要が伸びているといいます。日本の伝統的な衣装である和装は、奥ゆかしさがありながらも、それでいてきらびやかなので、外国人から評価が高いです。

三重の神社婚は、歴史や伝統がある神社の境内を貸し切って行うことができ、神前式を希望する若いカップルの間で需要が高まっています。