メリット1いつでも冷たい水が飲める

二日酔いの朝や夏の暑い日など、冷たい水が飲みたい!という場面は多いでしょう。冷蔵庫で事前に冷やしておかなくとも、好きな時に好きなだけ冷たい水をのむことができます。いつでもおいしい水が家にあることで水を飲む習慣がつきやすくなり、健康や美容にもつながっています。

メリット2いつでも温かいお湯が出る

一人暮らしだと、カップ麺を食べることも少なくないのではないでしょうか。そんな時も、カップ麺だけのためにお湯を沸かす必要がないので楽ちんです。ほかにも紅茶を飲みたいとき、インスタントの味噌汁を飲むときもボタンを押すだけでお湯が出てくるので、手間が省けます。また、健康にいいといわれている白湯も、ウォーターサーバーから出るお湯と水で簡単に用意することができます。

メリット3出るごみが少ない

一人暮らしをしている方の中には、気が付いたらペットボトルが部屋にたまっていた…なんて経験をしたことがある方もいるでしょう。ウォーターサーバーは水がなくなったら専用のパックを捨てるだけなので、ペットボトルが散乱することもなくなります。また、スーパーで2Lの水を買う場合、どうしても袋が重くなってしまいます。ウォーターサーバーの水は家まで宅配してくれるので、重い袋をもってかえる必要もありません。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーの導入をためらっている方は、「置くスペースをとる」「定期的に掃除をする必要がある」「電気代が心配」という点で悩んでいるのではないでしょうか。現在は縦長のスリムなものや、掃除がほとんどいらないものもありますが、こちらは商品によって差が出てくる部分であるため、導入する際にはしっかり確認した方がよいでしょう。

ウォーターサーバーは、月々支払いをしてサーバー本体をレンタルしながら利用するサービスです。軟水、硬水なども選ぶ事もでき、なかには宅配サービスをしている所もあります。