動きやすい格好で参加しよう

ブライダルフェアに参加する場合には、できるだけ動きやすい服装で参加することが好ましいです。特に、ブライダルフェアの趣旨というのは、結婚式場の体験型イベントという特色が強いことから、歩いて見て回るということが前提となっています。ヒールなどの足が疲れやすい靴は避けて、フラットシューズやスニーカーで参加したほうが、動きやすいでしょう。それに、ブライダルフェアはラフなファッションで参加することができますよ。

資料を入れるための大きめバッグを持参する

会場では、結婚式場に関するパンフレットや資料、そして見積もりなどの資料がたくさん手渡されます。ビニール袋をもらえる会場もありますが、必ずしも手提げのビニール袋がもらえるとは限りません。そこで、ブライダルフェアへ参加をする場合には、できるだけ大きめのバックを持参することをおすすめします。資料は今後の結婚式場選びにたいへん役に立つので、積極的に資料を受け取って持ち帰り、バッグに入れて家で吟味することができます。

複数箇所を一度に回る際には時間配分に注意

結婚式場によってブライダルフェアの開催日は異なっています。人によっては、効率的に回るために同じ日に数件のブライダルフェアを申し込む人も少なくないようです。そこで、注意したいのは1件あたりのブライダルフェアにかける時間です。おおよそではありますが、様々なイベントに参加する場合には、1件あたり3時間程度の時間が必要になります。そのため、休憩を挟んでも1日に回ることができるのはせいぜい2件程度です。

京都の結婚式場は、京都という土地の強みを生かして和風の結婚式の演出に力を注いでいる式場が多く見られます。