浪費を減らすにはどうすればいいか

夫婦や家族と一緒に暮らしているとき、家計の管理を全て奥さんに任せている家庭は多いでしょう。家計の管理は非常に大変で、管理をしていないと日々の生活にも影響しますし貯蓄もできなくなるかもしれません。ただ単身赴任をするとなるとそれまでのように奥さんに生活費の管理をしてもらえないので、浪費が進み自分の生活にも家族にも迷惑をかけてしまうでしょう。浪費の中心となるのが食費で、外食やコンビニ食ばかりだと自炊に比べて出費が多くなってしまいます。まずはご飯を炊くところから始め、少しずつ料理も覚えると良いかも知れません。その他の出費を抑えるには家計簿をつけるのが良いでしょう。毎月の比較をして問題のある出費を減らすと浪費しにくくなります。

家族との関係の保ち方

家族が一緒に暮らしていると話をしていなくてもそれなりに互いの健康や様子などがわかるでしょう。父親と年ごろの娘は会話がなくなるケースもあるようですが、親としては顔を見るだけで安心できたりもします。単身赴任となると少なくとも平日は家族と顔を合わしませんし下手をすると数か月以上会わない状態が続くときもあるようです。家族が会わない期間が長くなると家族関係に支障が出てくるときもあるので、そうなる前に関係を保ち続ける対策が必要でしょう。簡単なのは電話で毎日でなくても定期的に近況報告をし合うと良いかも知れません。もちろんメールやSNSのメッセージ機能を使っても構いません。頻度が多いと嫌がられる時もあるので、曜日や時間を決めてコミュニケーションをとると良いでしょう。

単身赴任の家具は期間によって変えられます。長期的な場合には一式を購入することで安く済み、短期的な場合にはレンタルする方がお得です。手軽なのが家具・家電が揃った物件を利用するという方法です。